高校生居場所カフェ

2012年度より西成高校(となりカフェ)で始まった大阪府の委託事業。

 

2013年度より、府立西成高校「となりカフェ」に加え、府立桃谷高校も加わりました。

 

2015年度より、大阪府「高校内における居場所のプラットホーム事業」として、ドーナツトークは府立高校4校を担当することになります(西成高校「となりカフェ」・長吉高校「なかカフェ」・桃谷高校ⅠⅡ部+通信制「ほとりカフェ」・泉尾高校「わたしカフェ」)。

 

2017年度は、大阪府教育庁の事業として展開し、6年目を迎えています。

 

ドーナツトーク提携校

■府立長吉高校(なかカフェ)

※府立西成高校(Cozyとなりカフェ)→月2回の開催

※府立桃谷高校・通信制(ほとりカフェ)→週1回の開催

 

 ❏参考/田中俊英ブログ

 

ついに教育委員会の事業になった高校生居場所カフェ

 

時代は変わる、高校生居場所カフェ

 

「高校生サバイバー」とは何か〜2014.8.5フォーラムに関西メディアが集結

高校中退・不登校フォローアップ事業(となりカフェ)、2013年もやります!!

 

 

 

「となりカフェ」がテレビドキュメンタリーになりました。

現在の高校生の問題(貧困・中退・家族構成等)を広く知っていただくため、officeドーナツトークでは啓発活動に積極的に取り組んでいます。

フォーラム「高校生サバイバー」2014〜16年

関西主要メディアの取材も多数あり、無事成功しました。みなさま、ありがとうございました。
関西主要メディアの取材も多数あり、無事成功しました。みなさま、ありがとうございました。

大阪府教育庁が来賓として挨拶され、結果的に2017年度からの教育庁事業へとつながった記念的回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで「高校生サバイバー」は3回行なっています(2014〜16年年度)。毎回話題を呼ぶイベントで、2014年は関西のテレビ局が複数取材、2015年は大阪府教育長による来賓挨拶、2016年度はNPOによる自主開催形式で行いました。★